【E1904141】 通訳概論(2大学連携司法通訳養成講座) 

受付終了

講座概要

講座番号 E1904141
開催日(回数) 2019年04月13日~07月27日 (全15回)
曜日 土 曜日
休講日 5月4日
時間 9:20~10:50
会場 青山学院大学キャンパス(渋谷)
定員 20 名
受講料 17,500 円

講座内容

本講座では通訳の概論を扱います。通訳の形態や技術、学習法などの実践的な面だけでなく、国内外の歴史も振り返り、これまで通訳行為が行われてきた経緯や背景を見ていきます。また、通訳の倫理規定や専門性などにも焦点を当て、言語的な要素のほかに通訳者に求められることにはどのようなものがあるのかを検討します。これに加え、国際化が進み、社会情勢が著しく変化する中で、通訳者が文化の媒介者として果たす役割や国内外の通訳養成の状況、今後の展望や可能性についても探求いたします。講義の中では、適宜エクササイズやディスカッションも取り入れつつ、能動的な参加や考察を促しながら、通訳という営為を多角的に捉えていきます。

※本講座は、東京外国語大学と青山学院大学 2大学連携の司法通訳養成講座として開講される講座の一部です。


重点を置く学習内容

その他

受講対象者

受講に際して現在の実力や知識、経験などは問いません。通訳は実践的な作業として行われているものであり、通訳技術や手法などの側面に焦点が当てられることが一般的ですが、本講座では通訳というものを幅広い視点から捉えていきますので、学習意欲をもって参加して頂ける方であれば、どなたでも大歓迎です。

テキスト

『よくわかる翻訳通訳学』鳥飼玖美子 ミネルヴァ書房 2013 本体2,400円+税

備考

◆お申込・受講上の注意(受講案内)を必ずご確認ください。
https://tufsoa.jp/how/index.html

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 04月13日(土)
9:20~10:50
初回ガイダンス:通訳とは   田中 健一
2 04月20日(土)
9:20~10:50
通訳の歴史1:日本における通訳史   田中 健一
3 04月27日(土)
9:20~10:50
通訳の歴史2:ニュルンベルク裁判   田中 健一
4 05月11日(土)
9:20~10:50
通訳の理論:意味の理論とは   田中 健一
5 05月18日(土)
9:20~10:50
通訳の形態と求められる技術   田中 健一
6 05月25日(土)
9:20~10:50
通訳の学習法:通訳訓練法について   田中 健一
7 06月01日(土)
9:20~10:50
通訳の倫理規定:守秘義務、公平性・中立性   田中 健一
8 06月08日(土)
9:20~10:50
通訳における専門性   田中 健一
9 06月15日(土)
9:20~10:50
通訳者の役割とアイデンティティ   田中 健一
10 06月22日(土)
9:20~10:50
通訳の評価とストレスマネジメント   田中 健一
11 06月29日(土)
9:20~10:50
通訳におけるユーザー教育   田中 健一
12 07月06日(土)
9:20~10:50
国内外における通訳者養成と今後の展望   田中 健一
13 07月13日(土)
9:20~10:50
通訳の訓練法と実践①:記憶の側面から   田中 健一
14 07月20日(土)
9:20~10:50
通訳の訓練法と実践②:日本語の工夫   田中 健一
15 07月27日(土)
9:20~10:50
まとめと全体の振り返り   田中 健一

講師紹介

田中 健一 (たなか けんいち)
通訳者
東京大学教育学部卒業。東京外国語大学大学院国際コミュニケーション・通訳専修コース修了。陸上自衛隊で通訳講座などを担当後、セコム株式会社タイ現地法人で社内通訳・翻訳兼営業として通訳などを担当。帰国後、通訳ガイドや翻訳、JICE日本国際協力センターで英語・タイ語の通訳者として、国際交流事業や会議の通訳を務める。東京外国語大学多言語・多文化教育研究センターにも言語文化サポーターとして研修講師にあたる。


受付終了

ページの先頭へ