【A2304003】 【金19:30】アカン語初級Ⅰ(CEFR PreA1)【初学者向け】 
【一般受付】④2/16(木)10:00 ~ 3/7(火)23:59

もうすぐ受付

講座概要

講座番号 A2304003
開催日(回数) 2023年04月07日~2023年07月21日 (全15回)
曜日 金 曜日
休講日 5月5日
時間 19:30~21:00
会場 オンライン講座
定員 25 名
受講料 25,000 円

※キャンセルについて
原則として一度納入された受講料は、払い戻しができません
(仕事の都合で時間がとれなくなった場合や誤って別の講座に申し込んだ場合は、返金対象とはなりません)
※オープンアカデミー講座では、不正防止のため【ビデオオン】で受講されている方のお顔が見えている状態で参加することを受講の条件としています。

講座内容

アカン語(チュイ語)は、西アフリカガーナで広く話される共通語です。本講座では、アカン語の発音(特に声調)、基本的な語彙、文法を学習しながら、初級レベルのアカン語を身につけることを目指します。現地の生活がうかがえるような内容、そのまま使えそうな自然な表現を取り入れ、楽しく学習したいと思います。


<お申込み前にこちらをご確認ください>
◆受講案内(受講規約)◆
◆オンライン講座に係る環境準備◆
◆よくある質問◆


重点を置く学習内容

【CEFRに基づいた技能別重点を置く学習内容】

聞くこと 読むこと やりとり 発表 書くこと
     

◆CEFRレベルとは、語学の能力を評価する国際的基準です。詳細については「こちら」をご覧ください。◆

受講対象者

アカン語を初めて学ぶ人、初級レベルの人

テキスト

『Ma yensua Twii!(2009年度言語研修「アカン語」テキスト)』古閑恭子、サミュエル・アンポンサー著

http://repository.tufs.ac.jp/handle/10108/95123

備考

【一般受付】

本講座の一般受付期間は次のとおりです。

【一般受付期間】④2023年2月16日(木)10:00~2023年3月7日(火)23:59

※「講座スケジュール」の内容は授業の進捗状況により変更する場合がございます。予めご了承ください。

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 04月07日(金)
19:30~21:00
  発音と文字1:母音と子音、音節構造 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
2 04月14日(金)
19:30~21:00
  発音と文字2:声調 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
3 04月21日(金)
19:30~21:00
  あいさつ 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
4 04月28日(金)
19:30~21:00
  私の名前は・・・です、アカン語の名前 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
5 05月12日(金)
19:30~21:00
  ・・・である、・・・ではない、主語接語 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
6 05月19日(金)
19:30~21:00
  習慣形、母音調和① 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
7 05月26日(金)
19:30~21:00
  習慣形、母音調和② 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
8 06月02日(金)
19:30~21:00
  いる/ある、いない/ない、どこ、母音同化① 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
9 06月09日(金)
19:30~21:00
  いる/ある、いない/ない、どこ、母音同化② 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
10 06月16日(金)
19:30~21:00
  何、名詞の形態 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
11 06月23日(金)
19:30~21:00
  誰、誰の、所有接語、所有名詞句① 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
12 06月30日(金)
19:30~21:00
  誰、誰の、所有接語、所有名詞句① 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
13 07月07日(金)
19:30~21:00
  いくら、数詞 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
14 07月14日(金)
19:30~21:00
  命令形、禁止形 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン
15 07月21日(金)
19:30~21:00
  進行形、どの 古閑 恭子
ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン

講師紹介

古閑 恭子 (こが きょうこ)
高知大学教授
熊本県生まれ。博士(学術)。1999年よりガーナ共和国にてアカン諸語の調査に従事。主な著作にMa yensua Twii! (AA研言語研修教材。サミュエル・アンポンサと共著)、An Akan Vocabulary (ILCAA Tokyo University of Foreign Studies)、『フィールドワークではじめる言語学ーなじみのない言語から考える』(ひつじ書房)など。

ダニエル・アーチャンポン・クワベナ・ボアティン (ACHEAMPONG K.B DANIEL)
TUFSオープンアカデミー講師
ガーナアシャンティ州アゴナ・ウィアモアセ出身。修士(化学、ガーナ大学大学院)、博士(化学、2023年予定。岡山大学大学院)。岡山大学特別研究員。Family Health Medical School講師(ガーナ、アクラ)、複数の高校でのALTなど、豊富な教育経験を持つ。


もうすぐ受付

ページの先頭へ