【S1808040】 日本における宗教文化を考えるー日本社会と仏教 

受付終了

講座概要

講座番号 S1808040
開催日(回数) 2018年07月31日~08月02日 (全3回)
曜日 火、水、木 曜日
休講日
時間 11:00-12:30
会場 東京外国語大学 府中キャンパス
定員 30 名
受講料 2,700 円

講座内容

この授業では、まず、「仏教」の基本的な理解を得た上で、日本社会において「仏教」がどのように展開してきたのかを考えていきます。考察を通じて、現在の日本の宗教文化への理解を深めていきましょう。必要に応じて、適宜、宗教学の基本的な概念を学び、宗教学的視点を身につけます。


受講対象者

特に指定はありません。

テキスト

教材配付(購入不要)

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 07月31日(火)
10:00~12:30
  日本における宗教文化を考える-日本社会と仏教 (1日目) 藁科 智恵
2 08月01日(水)
10:00~12:30
  日本における宗教文化を考える-日本社会と仏教 (2日目) 藁科 智恵
3 08月02日(木)
10:00~12:30
  日本における宗教文化を考える-日本社会と仏教 (3日目) 藁科 智恵

講師紹介

藁科 智恵 (わらしな ちえ)
本学非常勤講師
本学特別研究員・非常勤講師、立教大学兼任講師。ドイツ学術交流会(DAAD)研究奨学生としてゲッティンゲン大学哲学部宗教学科へ留学。博士論文『神学と宗教学の狭間で——R.オットー『聖なるもの』をめぐって——』(東京外国語大学、2017年)。

受付終了

ページの先頭へ