【E1804113】 メロディー・映像から垣間見るロシア人・スラヴ人の文化と言語 

受付終了

講座概要

講座番号 E1804113
開催日(回数) 2018年08月06日~08月27日 (全3回)
曜日 月 曜日
休講日 開講日:8月6日、8月20日、8月27日


(上記期間のうちの休講日:8月13日)
時間 16:30~18:00
会場 東京外国語大学 本郷サテライト
定員 30 名
受講料 3,000 円

講座内容

隣国ロシアやスラヴ世界は21世紀の今もまだヴェールに包まれ、謎、魅力に満ち満ちています。

講座では、歌や映画、笑話、その他の様々な素材を通じて、ロシア人・スラヴ人の生きる社会・文化の背景、ロシア・スラヴの心、言葉、等身大のロシア・スラヴを知り、その魅力に迫ります。そこに現われる文物、ロシア語やウクライナ語などを解説し、時代時代の社会背景を読み解きます。

また、回によってゲスト講師を招き、ロシア芸術の奥深さに触れる機会も設けます。ステレオタイプのロシア・スラヴ像に飽き足らないという方、是非本講座をお試し下さい。

知られざるロシア・スラヴの本当の顔を一緒に覗いてみませんか。


受講対象者

本講座は、ロシア人やその他のスラヴ人の社会、文化について知りたい、その魅力について知りたいという方が対象です。もちろん、ロシア・スラヴの歌謡・映画などについて知りたい、見たいという方も大歓迎です。

テキスト

教材配布

講座スケジュール

日程 内容 講師
1 08月06日(月)
16:30~18:00
ロシア詩の韻律法の基本Ⅱ   阿出川 修嘉
2 08月20日(月)
16:30~18:00
はじめてのロシア芸術歌曲   小川 暁道
小野 綾香
日高 志野
3 08月27日(月)
16:30~18:00
有名な歌の ”無名な”真実ーロシア歌謡Ⅱ   中澤 英彦

講師紹介

中澤 英彦 (なかざわ ひでひこ)
本学名誉教授
専門スラヴ語学、NHKロシア語講座元講師。著書『はじめてのロシア語』(講談社)、『初めて学ぶロシア語』(語研)、『使える・話せる・ロシア語単語』(語研)、『新版一冊目のロシア語』(東洋書店新社)等。編著に『プログレッシブ単語帳ロシア語』(小学館)。編集主幹『プログレッシブロシア語辞典(小学館)。スラヴの魅力に取りつかれ、ご一緒に楽しめればと思っています。
阿出川 修嘉 (あでがわ のぶよし)
本学非常勤講師
本学特別研究員。神奈川大学非常勤講師。学術博士(東京外国語大学)。各大学での学部生・大学院生向けのロシア語の授業に加えて、TUFSオープンアカデミーを始めとした各大学主催の公開講座においても、様々なレベルに対応したロシア語の授業を担当。
小川 暁道 (おがわ あきみち)
本学非常勤講師
新潟県出身。専門はロシア語学・ウクライナ語学。著書『プログレッシブロシア語辞典』小学館(共著)、『新ロシア語読本―古典文学からレシピまで』東洋書店(共著)、『世界の暦文化事典』丸善出版(共著・ウクライナの項目)

小野 綾香 (おの あやか)
東京藝術大学非常勤講師
東京芸術大学、同大学院修士課程、博士後期過程修了。2017年、ロシア歌曲研究で博士号(音楽)取得。
奏楽堂日本歌曲コンクール第 2 位及び木下記念銀メダル。三菱地所賞。長野羊奈子賞、毛利準賞。 武藤舞基金奨学生。これまでにメサイア、マタイ受難曲、モーツァルト、ストラヴィンスキー等に出演。小泉恵子、イリーナ・ロミシェフスカヤ、永井和子の各氏に師事。東京芸術大学非常勤講師。

日高 志野 (ひだか しの)
TUFSオープンアカデミー講師
神奈川県生まれ。東京藝術大学器楽科ピアノ専攻卒業。卒業時同声会賞及び読売新聞主催新人演奏会賞受賞。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程を修了。


受付終了

ページの先頭へ